日本の看護師の一年間の収入

日本の看護師の一年間の収入

日本の看護師の一年間の収入は平均すると約437万円です。

けれども、国立、私立、県立などの公立病院に勤める看護師は、公務員としてシゴトに携わっているため、年収は平均約593万円になります。公務員看護師は給与がよくなる率も民間病院と比べてみると高く、福利厚生も備わっています。
準看護師だと、看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。看護師の勤務の形態は、他の職業に比較して特殊な体制であり、勤め先によっても異なってきます。
職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれていることが多いです。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。

でも、2交代制の方が休みがふえるので、2交代制の方をもとめる看護師も多いでしょう。

なぜ看護師になろうと思ったのかは実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。

転職の時の訳は今までに身につけたスキルを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。前の勤務先に関するネガティブなことは言わないようにしてちょうだい。高齢化社会が進み、福祉施設で看護師の必要性というものはとどまることを知らないのです。

ましてや大きな企業になると看護師さんを雇用していて、健康面やメンタル面における相談についてのケアをやっています。このような事象では、その会社に入社することもあると言えるでしょう。看護師の資格を得るための国家の試験は、年に1回実施しています。

看護師が足らないことが問題視されている日本にとっては嬉しいことに、ここ数年での看護師資格の合格率は90%前後ととてつもなく高い水準を継続中です。看護師の国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)は、大学入学のような落第指せるための試験ではなく、一定のラインをクリアすれば合格できちゃう試験です。
日本のナースの年収は平均437万円程度です。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として働いているため、年収は平均して593万円くらいになります。

公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院に比較して高く、福利厚生もより充実しています。准看護師のケースは、看護師よりも平均年収が70万円程度低いです。
看護師資格を取るための国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)は年毎に一度あります。

看護師数の確保がの困難が指摘されている現在の日本にとって嬉しいことに、この何年かの国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)の合格率は、9割という高い水準を、確保しています。

看護師試験は、大学入試などのふるい落とす形式ではなく、決まった点数を取れば合格できるシステムです。看護士の募集はいくらでもありますが、要望に添った形の求人があると言い切れないのが現状です。看護師の資格がある方の中で就職できればいいやと思っておられる方は少ないでしょう。できることなら高賃金で職場環境も良く、夜勤がないというところではたらきたいと思われる方が多いものです。

要望通りの条件で転職するためには、情報収拾を行うことが重要になります。